CTI 機能説明

CTIとは、Computer Telephony Integrationの略で電話インフラとコンピューターを連動させるシステムです。
コールセンター業務などで利用されており、近年では電話のIP化が進み導入しやすくなったことで、 大規模なシステム投資なく導入できるようになりました。

主な機能として、インバウンドでは、オペレーターがお客様からの電話を受けたときにお客様管理画面を自動表示させる機能/電話通話ログやコンタクト履歴表示(CRM連携)やかかってきた電話を自動でオペレーターに割振る機能(ACD)、自動音声応答による振分機能(IVR)などがあります。

アウトバウンドでは、電話リストをシステムに登録し、自動発信で電話をかけオペレーターへつなぐ機能(オートコール、プレディクティブ・ダイヤル)、相手の話中・不在・応答をCTIが自動判別しながら予め登録された発信リストの電話番号に電話を自動発信する機能(プログレッシブ・ダイヤリング)、顧客管理画面をクリックすることで電話発信を行う(ビュー・ダイヤル)など手がけしていた作業を自動化し電話営業を効率化させる機能などがあります。

管理では、電話の通話履歴、通話録音、トラブル先への発信禁止制御、レポート出力、オペレーターの電話状況をリアルタイムで監視する機能などがあります。



CTI コールセンターシステムのご紹介はこちら

CTIとは 機能説明とその利用方法

CTI  ACD  IVR  プレディクティブ  オート・ダイヤリング(オートコール)  FMC  ビジネスフォン(IP電話)  CRM

充実した運用・管理機能がオールインワンで使えるCTIシステム CT-MAX
低コスト・短期間で電話業務の効率化を実現! 小規模な電話業務から始められ、本格的なコールセンターまで構築いたします。 ※最短2週間で導入可能
充実した運用・管理機能がオールインワンで使えるCTIシステム CTI-MAX

お客様の会社で、すでにCRMをお持ちの場合、CT-MAXを導入することで、
そのCRM情報をCTIと連携させることが可能です。
「CTI」というシステムは、コールセンター業務だけに限られず、その使い方は
幅広いのです。
せっかくCRMがあるのに、その情報が電話対応に活かせないなんてもったいない
ですよね。
CTIとCRMだけではなく、その他の様々なシステムの組合せによって、
オリジナルな対応が可能となります。
ぜひ、ご相談くださいませ。

CT-MAX(CTI)の機能が更に充実しました。
追加された最新ファームはこちら(主にCRM機能になります)。
①「発信予約」一括表示機能
   管理者だけでなく、オペレータでも自分の予約内容を確認が可能に。
② 発信予約 エージェント割当機能 強化
   スキルベースで絞込みされた人達を対象に予約を行えるようになりました。
③ 項目種別に「スクリプト」追加
バージョンアップ画像    「コンタクト結果」に特定の値が選択された場合に、顧客
   情報の特定項目にフラグを設定したり、発信予約を設定し
   たりなど、業務画面での連動設定をスクリプト化する事が
   可能です。
④ 業務画面「拡張設定」追加
   既存「業務画面設定」タブより「拡張」設定タブが追加されました。
CTIのお問合せはこちら

CTI クラウド型サービスにおける3つの必須機能

機能紹介
お問い合わせ・ご相談

プライバシーマーク

ISO27001

ISO9001

Copyright(c) 2012 株式会社エナジーパートナー All Rights Reserved.