導入前のご質問・お問い合わせ

皆様からお寄せ頂くご質問のなかから、よくあるご質問をまとめました。

全般的なご質問

今使っている電話番号はそのまま利用可能でしょうか?
Gatewayという機器を設置することで、使用中の番号をそのままご利用頂くことができます。
Gatewayが異なる回線間を中継してくれるため、電話番号を変更することなくサービスをご利用頂けます。
通話録音はどれくらいの期間(時間)が可能でしょうか?
通常保存期間は3ヵ月です。
ただし、保存期間延長サービスのご提案も可能です。
また、録音データの外部媒体への保存につきましても対応しておりますので、ご希望がございましたらご相談ください。
※保存期間延長は、オプションとなります。
受信した電話がいっぱい(オペレータや回線がフル)で受け切れなかった場合のオーバーしたお客様の情報は分かりますか?
受け切れなかったお客様の情報はデータに残りますので、あとからでも確認が可能です。
後日、お電話を受け切れなかったお客様へ謝りの電話をかけたり、CRMへ受電漏れなどの文言を追加することで、再度お電話いただいた際、謝りの言葉を沿えることができます。
回線はどの様なものがありますか?
ご提案できる回線としては、
・楽天コミュニケーションズ:FUSION
・KDDI:光ダイレクト
・ソフトバンク:おとくライン
・NTTコミュニケーションズ:ひかりライン
・NTT:ひかり電話
等になります。
番号も、「03」「06」「050」「0120」「非通知」発信を選ぶことができます。
回線により、発信できる番号が変わってきますので、
詳細はこちらまでお気軽にご相談ください。
クラウド型CTIサービスのみの提供となりますか?
オンプレミス(自社運用型)のCTIサービスご提案も行っています。
最近では、クラウド前提でのCTIシステム構築が広まってきてはいますが、 金融、販売、流通、小売産業などでは、オンプレミスを選択されるお客様が多いようです。
導入される規模や使用頻度、繁閑期の有無等、お客様によって条件が異なりますので、 オンプレミスORクラウド、どちらでの導入が最適なのか分かりかねているお客様は、 お気軽にご相談くださいませ。
CRM製品はありますか?
ございます。
弊社CRM機能としまして、
①顧客情報 CSVインポート・エクスポート
②顧客項目設定
③業務画面レイアウト
④トークスクリプトプレイヤー(台本機能)
⑤ワークスペース無制限作成
等が挙げられます。 CRM 機能説明

また、CTIとCRM連携についてお客様からの要望も多く、
弊社では他社CRMとCT-MAX(CTI)との連携開発について
柔軟に対応しております。
主な連携要望として、
・受電時の顧客管理画面ポップアップ表示
・電話通話ログとCRMのコンタクト履歴との連携
・CRM管理の電話リストとCTI連携によるオートコール・プレディクティブコール
・顧客画面の内線転送機能
・CRM管理の電話禁止リストとPBX連動による電話発信禁止制御
等が挙げられます。

CTIとCRMとの連携開発につきましては、CRMシステム側の開発が必要となるケースも見受けられるため、他社システムとの開発には、打合せをさせていただくケースもございます。
詳細につきましては、ご相談ください。
設備はどの様なものが必要でしょうか?
最小設備としては、インターンネット環境だけあれば問題ありません。 CTIサービス利用の際にはその他にも、電話機、ルーター、電話回線等が必要となります。
ただし、最低限パソコンとインターネット環境をご準備頂ければ、その他の設備につきましては弊社で手配致しますので、導入をお考えのお客様はお気軽にご相談ください。
INS回線なども利用できますか?
INS回線もご利用頂けます。
上記の回答にもありますが、Gatewayを設置することでご使用中の番号をそのまま利用していただくことが可能です。
詳細につきましては個別に対応致しますのでお問合わせください。

CTI クラウド型サービスにおける3つの必須機能

機能紹介
お問い合わせ・ご相談

プライバシーマーク

ISO27001

ISO9001

Copyright(c) 2012 株式会社エナジーパートナー All Rights Reserved.