CTI/IVR システム開発

◇IVR(自動音声応答)のシステム開発

IVR(自動音声応答)のシステム開発では、

・弊社製品のコールバックシステム
 IVR機能を利用してビジーで受けきれない電話(あふれ呼)に対し音声応答を
 流し、折り返し電話を希望するかを登録してもらうシステムとなり、IVRを利用
 しております。

・弊社製品の自動音声型オートコールシステム
 電話リストをもとに自動で電話を掛け、IVRの自動応答によるアンケートを行う
 など、全自動(無人)で行うシステムとなり、アウトバウンド用途でもIVRを利用
 しております。

なお、IVRについては弊社IP-PBXが前提となります。
PBXのみ利用についてもクラウド提供しております。お気軽にご相談ください。

<IVR 機能一覧>
自動応答:電話の着信に自動応答します。自動音声により24時間電話受付が可能となります。
転送:着信した電話を転送させることができます。
DTMF(プッシュ信号)取得:かけたい電話番号の指定をするほかにも、通話中にDTMFを出すことで情報を取捨選択することができます。
例えば、指定席予約サービスや配送業者の荷物再配達などで、DTMFによって情報の選択をすることが可能です。
キュー(待ち呼)の個数確認:保留でお待たせしているお客様に、何人待ちなのか(自分が何番目なのか)をお知らせします。
待っているお客様の目処感が立ち、保留音でも待っていられます。
保留中に切られてしまった顧客へ再架電が可能:保留中などでお待たせしている間に、電話を切ってしまったお客様への再架電が可能です。
録音:全ての通話を録音することが可能です。
コールバックシステム:電話接続が一杯で受けられなかった電話をIVRへ誘導することで、受けきれなかった電話リストを作成することが出来ます。
IVRデザイナー:IVRのフローを作成します。システムに詳しくない方でも、前もって揃っている部品の中から必要な機能を選んでいただき、指定された場所に貼りつけていくことで、比較的手軽に組み立てていくことが出来ます。
パラメータ取得

CTI クラウド型サービスにおける3つの必須機能

機能紹介
お問い合わせ・ご相談

プライバシーマーク

ISO27001

ISO9001

Copyright(c) 2012 株式会社エナジーパートナー All Rights Reserved.